妊活 タバコ お酒

MENU

妊活を始めたらタバコはもちろん、お酒も控えること!

妊娠中の飲酒や喫煙がおなかの赤ちゃんにとってよくないことだというのは広く知られていますよね。

 

女性の中には妊娠してから禁酒・禁煙すればいいと思っている人もいるかもしれませんが、禁酒・禁煙は妊娠を希望するならすぐにでも始めてください。

 

お酒やたばこが妊活中の女性にどのような影響を与えるかを紹介していきたいと思います。

 

妊活中の喫煙が与える影響

妊活中に喫煙すると体内の血流が悪くなり、妊娠しにくい体になってしまうと言われています。血行不良になって卵巣の機能が低下してしまうとなかなか元に戻すことはできません。

 

せっかく妊娠できても喫煙は早産や流産のリスクを2〜3倍も高めてしまうんです。

 

子どもが欲しいと思ったら禁煙を始めることも妊活の一つだと考えた方が良さそうです。

 

妊娠に気づくのが遅くて、妊娠中もしばらく喫煙を続けていたということもありますよね。喫煙が原因でお腹の中の赤ちゃんに必要な量の酸素や栄養がしっかり届かなくなってしまうこともあります。

 

そうなると胎児が低酸素・低栄養になって、正常に成長できなくなってしまいます。

 

低体重のリスクだけでなく、乳児突然死症候群のリスクも高くなってしまうのでお腹の中で赤ちゃんを健康に育て、丈夫な子として産んであげるためにも喫煙は絶対条件と言えます。

 

妊活中の飲酒が与える影響

妊活中にお酒を少量飲むことが不妊につながることはありません。でも、飲み過ぎると生理不順などを引き起こして、妊娠を妨げることもあります。

 

妊娠した後は、胎児性アルコール症候群というお腹の中の赤ちゃんが奇形をもって生まれてしまうリスクを防ぐためにも禁酒しなければいけませんから、妊活中から少しずつお酒の量を減らしていくことが必要です。

 

妊活中から準備をしておきましょう

妊活中の飲酒や喫煙が、おなかの赤ちゃんに直接影響を与えることはありませんが、妊娠中には必ずやめなければいけないので、妊娠したいと思った時から禁酒・禁煙を始めて、赤ちゃんを授かった時にはお酒やたばこの悪影響を与えることがない状態にしておきましょう。

 

妊活中・妊娠中の禁酒・禁煙は女性だけのことに思われがちですが、パートナーである男性の喫煙や飲酒も妊活・妊娠に影響を与えます。

 

受動喫煙のリスクだけでなく、男性の生殖機能を衰えさせてしまうこともあるんですよ。妊活を始めたら夫婦そろって少しずつお酒とたばこの量を減らしていきましょう。

 

私も成功した!!葉酸+マカ配合のおすすめサプリ!